認定再生医療等委員会

再生医療等委員会を設置する者

住 所 宮城県仙台市青葉区南吉成6-6-6
氏 名 海老名 卓三郎

1 再生医療等委員会に関する事項

再生医療等委員会の名称 免疫細胞BAK療法認定委員会
再生医療等委員会の所在地
宮城県仙台市青葉区南吉成6-6-6
審査等業務の対象 ■ 第三種再生医療等
  提供計画のみに係る
  審査等業務を実施
□ 左記以外
審査等業務を行う体制
① 認定再生医療等委員会は、審議事項がない場合を除き、原則として1年に1回程度及び以下の場合に開催する。
(1) 提供機関管理者から諮問があった場合。
(2) 委員長が必要と判断したとき。
(3) 三分の二以上の委員から委員長に要請があったとき。
 

1. 事務局は、次の事項を設置者海老名卓三郎が管理している仙微研クリニックのホームページにて公表する。
(1)  認定再生医療等委員会の審査等業務を定めた本規定と委員名簿。
(2) 第十二条1項の、審査過程に関する記録。
2. 前項の規定にかかわらず、個人情報や知的財産権の保護に支障を生じる恐れのある事項に関しては、当該部分についてのみ公表しないことができる。
 
③ 認定再生医療等委員会は、委員会設置者海老名卓三郎(以下、「設置者」という。)が指名する委員によって構成されるが、その組織及び任期は以下のとおりとする。
1. 本省令第45条に基づき、認定再生医療等委員会の構成要件は以下のとおりとする。
(1)  再生医療等について十分な科学的知見及び医療上の識見を有する者を含む二名以上の医学又は医療の専門家(ただし、所属機関が同一でない者が含まれ、かつ、少なくとも一名は医師又は歯科医師であること。)を含む。
(2) 法律に関する専門家又は生命倫理に関する識見を有する者その他の人文・社会科学の有識者を含む。
(3) 全各号に挙げる以外の一般の立場の者を含む。
2. 本省令第47条に基づき、認定再生医療等委員会の構成基準は以下のとおりとする。
(1) 委員数は5名以上とする。
(2) 前項各号の委員は兼務できない。
(3) 認定再生医療等委員会は男女両性で構成するものとする。
(4) 設置者と利害関係を有しない者が含まれなければならない。
3. 委員の任期は3年とし、再任を妨げない。
4. 審査等業務が適正且つ公平に行えるよう、設置者と委員との間には利害関係は無く、独立した組織であること。更にその活動の自由及び独立が保証されていること。
 
④ 設置者である海老名卓三郎は仙微研クリニックを経営しており、クリニックとして財政的基盤は安定しており審査業務は継続的に実施できる。設置者が認定再生医療等委員会を廃止する場合には、事前に他の認定再生医療等委員会に対し、当委員会の審査等業務を他委員会へ委託するものとし、また速やかに第十二条に規定する保有文書の移管を行うものとする。当の意見を述べた提供計画について、当該計画に係る再生医療の提供を終了する日まで、定期報告、疾病等報告及び変更に関する審査等を行う。
手数料の算定の基準(手数料を徴収する場合のみ記載)
該当なし

2 再生医療等委員会の連絡先

担当部署 免疫細胞BAK療法認定委員会事務局
担当部署電話番号 022-303-3044
担当部署FAX番号 022-303-3064
担当部署電子メールアドレス senbiken@mocha.ocn.ne.jp
苦情及び問合せを受け付けるための窓口 名称 免疫細胞BAK療法認定委員会事務局
連絡先 022-303-3044
再生医療等委員会の運営に関する情報の掲載先URL http://www.senmax.net/senbiken/

3 委員名簿

委員の構成要件
の該当性
氏名 職業(所属及び役職) 性別 再生医
療等委
員会を
設置す
る者と
の利害
関係
特定認定
再生医療
等委員会
の場合
第三種再
生医療等
提供計画
のみに係
る審査等
業務を行
う場合
a-1. 医学・医療1 石井 直人 東北大学大学院医学研究科・免疫学分野・教授・医師
a-1. 医学・医療1 佐竹 正延 仙台赤門短期大学・学長・医師
a-2. 医学・医療2 小澤 恭子 仙台赤十字病院・小児科・嘱託医・医師
b. 法律・生命倫理 渡辺 信英 仙台リハビリテーション専門学校・校長
郡山健康科学専門学校・校長
社会福祉学博士、法学博士
c. 一般 岩崎 正昭 タヒボe株式会社・代表取締役